information
 
★夏のおはなし★
Yuka Oshimoura glass exhibition
6.22(fli)- 8(sun)
11:30 - 22:30
22:00 LO
*日曜日は19:00まで
cafe Si^on
   
   

2009年04月01日

共有工房あえる


ものづくりがきっかけで出逢ったふたりが始めたひとつの場所「あえる」

いろんな素材を和えておいしくなる料理のように
私たちのものづくりは人や場所や
ものとの出逢いのなかでつくられています。
そんな風にいつも何かと出逢って
つながり合えることができれば幸せだなぁ...
と思いながらものづくりをしています。


つくり手と使い手とが直接交流できて
空の下、風と一緒に作品に出逢ってもらえる空間が好き。

そんなこともあって、今は主に、
手作り市やクラフトフェア等イベント出店を中心に活動しています。


あえるの硝子

硝子のお直し



共有工房あえる  大下浦由香*内藤加奈子

posted by あえる at 09:30| Comment(23) | あえるのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あえるの硝子


ガラスを電気炉の中に入れ、熔かして成形するキルンワークという手法を用いて制作しています。

主な技法として、
ガラスの粒や粉を型に詰め、熔かし込む「キャスティング」
板状のガラスなどを、熱を加えて曲げる「スランピング」
ガラス同士を熔着させる「フュージング」などがあります。

高温で熔かして成形することができるガラスは
熱に強いですが、急冷・急加熱にはとても弱い素材です。
ゆっくり、じんわりとお使いください。

posted by あえる at 06:27| Comment(0) | あえるのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

硝子のお直し


形あるものはいつかなくなると言いますが、
大切なものはいつまでも使っていたいものです。
ガラスは割れたり欠けたりすると使えなくなると思われがちですが、
熱加工や表面加工を施すことによって再生することができます。

あえるでは、ガラスならではの性質を活かし、
壊れてしまっても直すことで長く使っていけるものを
作っていきたいと考えています。


たとえば...

・欠けたとき
 割れた部分を削り、加工します。
名称未設定-1.jpg

・割れたとき
 割れた破片を熔かして、ペーパーウェイトやペンダントトップに。
かけら.jpg

そんな風にアイディア次第でまだまだ使うことができるのです。

あえるでは、当工房製品のお直しやリメイクも承っています。
まずはご相談ください。


posted by あえる at 00:00| Comment(158) | あえるのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。